建設業許可申請のエキスパート☆兵庫・大阪限定! 運営:ウォールズ行政書士事務所
*

建設業許可の要件【場所】


建設業許可取得への要件【場所】

許可要件の一つである【場所】は、ただそこに空間があり来賓を迎え入れることができ、常時仕事を行っているというだけでは認められません。必ず自分の不動産建物であっても、居住区域とは峻別されており独立した事業所が実在するという証明が必要になります。

・賃貸で事業を営む場合

最初のご契約の時はご注意ください。契約書の内容が「住居」になっている場合は独立性のある事業所拠点であるとは認めてもらえないため、もう一度契約解除し、契約書の作り直しが必要になってきます。許可をスムーズに取るために最初の段階から契約を事業として結んでおきましょう。

・他社と同一フロアである場合

フロア図面を管理人の方にコピーしてもらうか、自分で作成し、独立した事業所であることを証明しましょう。ちゃんと仕切られており、独立したスペースが確保されているかがポイントになります。

・個人住宅の場合

居住区域とは完全に区切り、事業所として独立したスペースであることを証明する必要があります。図面を用いてアピールし、いかに私生活と混同していないかがポイントになります。

図面作成でお困りなら当事務所にお任せください!

証明する場合には図面を作成し行政庁にアピールする必要があります。当事務所はCADによる図面作製も行っておりますのでお気軽にお申し出ください!
お問い合わせ
➡料金プランはこちらでご確認ください!