建設業許可申請のエキスパート☆兵庫・大阪限定! 運営:ウォールズ行政書士事務所
*

経営事項審査制度とは?


建設業法 第27条の23(経営事項審査)

  1. 公共性のある施設又は工作物に関する建設工事で政令で定めるものを発注者から直接請け負おうとする建設企業者は、国土交通省令で定めるところにより、その経営に関する客観的事項について審査を受けなければならない。
  2. 前項の審査(以下「経営事項審査」という。)は、以下に掲げる事項について、数値による評価をすることにより行うものとする。
    • ①経営状況
    • ②経営規模、技術的能力その他の前号に掲げる事項以外の客観的事項
  3. 前項に定めるもののほか、経営事項審査の項目及び基準は、中央建設業審査会の意見を聴いて国土交通大臣が定める。

まとめ!
ポイント!

  • ①公共工事(国又は地方公共団体等が発注する建設工事)を
  • ②発注者から直接請け負う(=元請け)

ことを希望する建設業者が、必ず受けなければならない審査です。

数値による評価=申請時点での申請会社の【通信簿】と言えます!
お問い合わせ
➡料金プランはこちらでご確認ください!